Wisdom.2

建築士とは

建物を設計したり、その工事を監理するには建築士の資格が必要です。

建築士の資格には、設計する建物や大きさなどに応じて一級建築士、二級建築士及び木造建築士の3種類があり、仕事を請けられる範囲が決まっています。

建築士は、建築工事に必要な設計図書の作成や設計図書のとおりに工事を行なわれているかを確認する工事監理を行います。

また、改正建築士法により一定の建築物については高度な専門能力を有する建築設計一級建築士や設備設計一級建築士が関わることが義務付けられることになりました。

建物を設計を依頼する時にはそれらの建築士が関わるべき建物かどうか、どのように関わるのか確認する必要があります。