Wisdom.138

‟近代建築の三大巨匠” 

- 高山正實 -

 

 

よく、(フランク・ロイド・)ライト、(ル・)コルビュジエ、ミース(・ファン・デル・ローエ)をして近代建築の三大巨匠などと言いますが、これは横に並べるものではなくて、縦のつながりだと思うんです。ライトの空間の建築というのを正しく、ライトが思っていたように継承したのがミースなんですよ。それが「バルセロナ・パビリオン」というわけです。

 

ヨーロッパの建築というのは、自己完結的なオブジェクトだった。でも本当の近代というのは、自由な空間そのものにある。

 

 

 

 

 

高山正實(たかやま まさみ、1933~)

建築家。シカゴ建築研究所代表。イリノイ工科大学(IIT)でミース・ファン・デル・ローエに師事。シカゴSOM建築事務所で主任建築家として「シアーズ・タワー」などの超高層建築の設計に携わる。IITやハーバード大学で教鞭を執る。主な論文に「建築に現れた西欧及び日本文化の価値観」など、主な著書に『ミース・ファン・デル・ローエ真理を求めて』など。