Wisdom.88

‟偏狭的な地方のような” 

- ブルース・マウ -

 

 ニューヨークと東京には、面白い共通点があります。どちらの都市も、非常に偏狭的な地方のようなのです。

東京の痴呆性は文化に大きく関わっています。東京には非常に厚い文化の外殻があって、それによって街が真の意味で国際化することから守られている。

この状況を打破する方向に、しかも劇的に作用している二つの力があります。一つは東京という街を否応なく外部へとつなげる力としての経済。そしてもう一つが、内部から作用して東京を外へと開くかたちで作用する力としての文化です。

東京は外部から何かを取り入れるとしても、何かしら東京的なものに翻訳したかたちでしか受け入れないのですが、同時に内部から変化を求める動きがあるのも確かです。

 

 

 ブルース・マウ(1959~)-カナダ出身のデザイナー。グラフィックデザインの枠を超え、都市計画、出版など幅広い活動を行う。